アヒージョ上から

キャンプ 料理

【キャンプ飯】ファイヤーボックスでアヒージョ

アヒージョの作り方

ファイヤーボックスでちょっと火遊び(焚火台)してみました。

今回はアヒージョ

ファイヤーボックスは炭火でやりました。

マッシュルーム(スーパーで売ってるキノコなんでもいい)をスライス

カマンベールチーズ今回はカットしてある物を皮むいておく

むきエビ(冷凍でも可)適当

ウインナー2本ぶつ切り

プチトマトを半分に切る数は適当

スキレット鍋に

ニンニク1片をスライスして

鷹の爪を輪切り(種とる)

オリーブを適当に入れて

香りを出してから

を入れて

材料全部ぶち込んで

火がとうれば出来上がりです。

バケットの上にのせて召し上がれ。

アヒージョとは

私なりにの見解ですが

アヒージョとはスペイン語で

「小さなニンニク」と言う

意味だそうです。

ひらたく言うと

「刻んだニンニク」と言う言葉

だそうです。

マドリードより南の地域の

小皿料理(タパス)の一種なのですが。

料理を正しく言うと

「(食材)アル アヒージョ」(ai ajillo)

今回はエビを使っているので

「ガンパス アル アヒージョ」

になるそうです。

スペインの方にはバケットや

チュロスがセットじゃないと

「アヒージョじゃない」と

言う方も見えるそうですね。

今回のアヒージョでシメに

茹でパスタを入れてペペロンチーノ

にするのもナイスです。

「各写真の端に足が写ってますね」

自撮なんで許してくださいね!

次はちゃんと加工します。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kouzi

職業は料理人を30年やってます。 趣味はキャンプとルアーフィッシングに読書 そんなアウトドアー好きのおじさんです。

-キャンプ, 料理

© 2021 spend time outdoors Powered by AFFINGER5