炊飯完成

キャンプ

メスティンとアルコールストーブで自動炊飯

こんにちは料理人キャンパーの

KOUZIです。

今回はメスティンと

アルコールバーナーで自動炊飯

してみました。

なぜ自動炊飯したいかと

言うと「フリーの時間を沢山

取りたいから」です。

そこで失敗しない

自動炊飯の方法を紹介します。

メスティン炊飯のやり方

メスティンで自動炊飯する方法は

固形燃料でやる方法と

ガスバーナーでやる方法と

アルコールバーナーでやる方法

があります。

今回はアルコールバーナーで

米1合を炊くやる方法を

紹介します。

米を研ぐ(洗う)

まず米1合(180㎖)を洗います

それを水にひたして

夏場なら約30分

冬場なら約1時間

ひたしておきます。

コツは水をしっかりと

吸わせることです。

こうすることで焦げにくく

なります。

自分は100均の水筒に洗った

状態で漬け込んで

持って行きます。

メモリ付きのシェラカップを

持っていると、

米や水を量るのに便利

ダイソーの水筒が米1合を

入れて洗うのにも持ち運びにも

便利です。

アルコールストーブで炊飯

メスティンに漬け込んで置いた

米を入れて水を200㎖を入れる

種類によって違いますが

大体ポッチの真ん中ぐらいの水

アルコールストーブに

アルコール燃料を20㎖を入れて

五徳にセットして火を点ける

そこに蓋をしたメスティンを

乗せて風防で囲み放置しておく

(約15分ぐらで火が消える)

風防は必需品です。

アルコールバーナーは

風に弱いため必ず風防が要ります

ガスバーナーや焚火台などにも

あった方がいいアイテムだと

思います。

焚火台に使う時は

私は内側にアルミホイルをはって

使います。

汚れずに便利ですよ。

約5~8分ぐらいで

湧いてきます。

吹き出してきても気にせずに

炊き続ける。

水分がとび「パチパチ」と

音がしてきていい臭いがする。

注意!

「この時に焦げ臭くなったら

迷わず火から下ろす。」

しばらくすると火が消えます。

消化を確認したら五徳から

下して。

メスティンをタオルでくるみ

15分ぐらい蒸らしたら

出来上がりです。

焦げてないです。

炊飯の都市伝説

・米は洗ったらザルに水を切って置いておく

 水を切って置いておいた米は

 指で簡単に潰せます、

 と言う事は炊くと米が割れて

 しまうと言うことです。

 止めましょう。

・初めチョロチョロなかパッパッ

 炊飯の火加減を表す言葉ですが

 初めは弱火で徐々に温めて

 途中から強火で一気に水分を

 飛ばして仕上げると言う意味

 これは昔の米は品質が悪く

 芯が残るからで現在の米は

 品質がいいのでその必要が

 なく、むしろ強火で沸かし

 弱火で仕上げた方が

 美味しいです。

・赤子泣いても蓋取るな

 出来上がるまで何があっても

 蓋を中途で開けてはいけない

 と言う事ですが、

 2~3回ぐらいなら開けても

 支障ないです。

 「メスティン」や「はんごう」

 で炊飯していると最後の方は

 「ジリジリ」と水分の無くなる音

 がします。

 やはり不安ですよね。

 そんな時は開けて様子を見るのは

 アリです。

 気温や気圧の関係でやはり

 出来栄えが変わります

 火が付いていてもヤバイ時は

 中身を見て火から外すのが失敗を

 避ける秘訣です。

 また、家のおかんに聞いた

 話しですが、「昔は釜で炊飯する

 のに薪を無駄にしないために

 (高価なので少なくで済ませる)

 そのテクニックで火加減や蓋の

 話しをした」とのことです。

プラスαあると便利なアイテム

あると便利なグッツを紹介

します。

20㎖が入れるビン

50㎖が入れるビン

と二つ持っていると

アルコール燃料を

かさ張らずに持って

行けるので

便利です。

トーチですね。

アルコールバーナーは火が付いて

いるのが解りにくいので持つて

いると安全に着火出来ます。

ダイソーの水筒500㎖は米を

洗ったり漬け置きするのに

丁度いいです。

ちなみに上の写真は1合の

米に200㎖を入れた写真です。

丁度いい感じです。

巾着袋がめっちゃ便利です。

収納に使い蒸らしの袋に使い

ミトンにもなるアイテムです。

今回の感想

今回はメスティンで自動炊飯

約15分蒸らしに15分をして

そのご飯は玉子ご飯で

いただきました。

蒸らしている間に

アルコールバーナーに

アルコール燃料を

10㎖を入れて

ケトルでお湯を沸かして

インスタントラーメンを

いただきました。

お湯は8分目の水を入れて

8分ぐらいで湧きます。

広告

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kouzi

職業は料理人を30年やってます。 趣味はキャンプとルアーフィッシングに読書 そんなアウトドアー好きのおじさんです。

-キャンプ

© 2021 spend time outdoors Powered by AFFINGER5