アジング3

フィッシング

アジングの始め方【ライン編】

アジングでラインは釣果を

左右する大切なアイテムです。

結論から言うと初めての方は

フロロカーボンラインの

2lb~3lbを使えばイイです。

なぜそうなるのかを説明します。

また、他のラインはどの場面で

使うといいのかを解説します。

 

初めての方はフロロカーボンラインを使うべし

なぜ初めての方は

フロロカーボンラインにすると

いいのかと言うと、

根ずれに強くて伸びが少なく

リーダーを結ぶ必要がないから

いいのと、比重があり水に

沈む特徴があるために

軽いジグヘッドなどを使うのに

狙ったレンジで釣りがしやすい

からです。

私も初心者ですが

フロロカーボンの2.5lb(0.6号)

を使ってます。

また、プロの方でも1.6lb(0.4号)

にリーダー2.5lb(0.6号)を

結んで使っている方も見えます。

「よりダイレクトに沈めて

繊細にあたりを取るためでしょう」

いろんなライン(糸)を使い分ける

いろんな種類のライン(糸)

がありますが、その特徴を

活かして使い分けると釣果

が変わります。

ラインの種類の説明はリンクから

ルアーフィッシングのライン(糸)の種類

ナイロンラインは向いてない?

「ナイロンラインは浮力が

あるからアジングには

向いてないの?」

とよく聞かれるのですが

そんなことはありません。

表層の巻きの釣り方には

断然有利です。

同行した友人でナイロンの

3lbで秋の数釣りで爆釣させ

ボコボコにやられたことが

あります。

ユニチカ ナイトTHEメバル2.5lb

メバル用となってますが

コスパ最高のラインで

夜の釣りでも見やすい

ナイロンラインです。

フロロカーボンは他には何がいい?

フロロカーボンはフロートや

キャロライナリグに使いやすい

比重があり沈む

フロロカーボンはフロートなど

のプラスαの仕掛けを邪魔しない

で馴染ませることができる。

(フロートなどに絡みにくい)

クレハ シーカーR18

フロロカーボンでこの

しなやかさはナイロンなみ

扱いやすいラインです。

PEラインは割に万能

PEラインは細くても

丈夫で伸びがほとんどない

から強くて感度がいいので

軽いジグヘッドでも扱いやすい

利点があります。

アジングは風との闘いでもある

ため軽いPEラインは

風に飛ばされやすいと言う

デメリットがあります。

また、リーダーを結ばなければ

ならない面倒もあります。

サンライン ソルティメイト スモールゲーム

私的には最近注目の

サンラインさん

編み方の工夫により

感度が上がっているらしい

エステルラインをなぜすすめるの?

最近プロアングラーの方や

エキスパートの方がよく

すすめるエステルライン

PEラインとフロロカーボン

の間でおいしいとこ取り

ラインです。

PEラインの様に水に浮かず

フロロカーボンほど沈まないの

で軽いジグヘッドや最近流行の

マイクロジグの0.6g~1gの

操作性のイイです。

アジングはホール(沈ませる)

させて釣るので最適なライン

であると思います。

ある意味で初めての方は

釣りやすいのがエステルライン

とも言えます。

しかし、リーダーを結ばなければ

いけないのと瞬時にかかる力に

弱い特徴もあるので急な大物や

根掛かりまた、リーダーの結束

の時などに簡単に切れてしまう

取扱注意のラインでもあります。

よつあみ チェルム アンバーコード

エステルラインの中でも

しなやかで強度がある

ラインです。

が自分はあんまり

エステルラインは

使いません。

 

まとめ

それぞれのラインには

一長一短があります。

結論、初めての方は

リーダーを組まなくていい

また、沈みがいいホールの

釣りにがしやすい

フロロカーボンラインが

お勧めです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kouzi

職業は料理人を30年やってます。 趣味はキャンプとルアーフィッシングに読書 そんなアウトドアー好きのおじさんです。

-フィッシング

© 2021 spend time outdoors Powered by AFFINGER5